18歳〜19歳だと金融業者で融資を受けるのはむずかしい!?

 

仕事をしていて安定収入があればその日のうちにお金を借りることの出来る消費者金融や銀行系カードローンの利用者は年々増加していると言われています。

 

収入だけではなく、他にもいくつかの借入れ条件はありますが、カードローン会社やキャッシング会社というのは、一人でも多くの顧客を獲得するために、積極的に融資を行っています。

 

ただし当たり前のことですが、返済能力の無い人に対しては絶対に融資をすることはなく、全ては審査によりキャッシング可能か否かを決定します。

 

カードローン審査に申し込みすることが出来るのは、満20歳以上の方であり、残念ながら未成年者の18〜19歳だとお金を借りることはまずできません。

 

金融業者や金融機関では、安定収入があればアルバイトでも融資を行っており、学生でも問題無いのですが、18歳〜19歳では社会人として働いていたとしても借入れすることは出来ません。

 

親権者や保護者である父親が保証人、連帯保証人になったとしても、申し込みは出来なく、両親の名義でキャッシングカードを作成し、それを子供に使わせるのも契約違反になりますのでご注意ください。

 

法的に未成年者の借入れは出来ないという決まりは無いのですが、未成年者の契約取り消しを可能にしている法律があるため、金融会社からしてみれば、未成年者にお金を貸すのはリスクが高過ぎるのです。

 

ちなみにカードローンというのは、リスクが高いという理由だけではなく、犯罪に使われそうな融資、暴力団関係者など反社会的勢力への融資も行っていません。キャッシングカードが原因となって、何か犯罪行為が行われ警察沙汰になってしまったら大変です。

 

少々話が反れてしまいましたが、とにかく未成年者がお金を借りることが出来ないことをご理解いただけましたでしょうか?

 

そもそも未成年者というのは、これから社会の最前線で活躍していかなければいけないのですから、若いうちに借金をして将来を駄目にしては勿体無いです。

 

消費者金融や銀行系カードローンは、そういう未成年者を保護するためというのも融資を断っている理由の一つなのです。